Gambler'z DAY - BAKUTO PLAYERZ BLOG -  Rep. 076 Toyama Area、BAKUTO PLAYERZが北陸HIPHOPシーンのVIBESをガシガシお届け!
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303103/ ≫10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
最近(3G)
小説をちょこちょこ読んどる。

顔に似合わず。

小説ってのは文字からいろんなことを想像させるワケだから、言葉のプロといえると思う。
小説家に限らず物書きってのは文字でメシを食うプロフェッショナル。

最近流行のタレント本的なもんはちょっと違うな。
まー、その人の語り口というか、書き口で書かれてる、ってのがいいのかも知れん。

が、やっぱりそれでメシ食ってる人間とは雲泥の差があるワケで。
表現の仕方や、比喩、実際にはないものをリアルに書き出してる面白さに感心する。
同じ言葉を扱う(あつかましいか)立場としては色々勉強なったり、ならんだり。


最近は映像とか、音声とかが手軽になりすぎて、文字を読むのはメールくらいっていう子供の想像力の無さが問題になってるらしい。

文字とか言葉の面白さを伝える大人がいない気がする。
ガキの言いなりになる大人。


ネットやら、携帯やら、俺らがガキの頃はそんなもんなかったもんな。


虫取ったり、虫取ったり、蛇取って叱られたり、虫取ったり。
蛇逃がすと見せかけて虫かごに入れて、更にカエルも中に入れて捕食させようとして物凄い叱られたり。

遊ぶ方法は自分たちで見つけてたなー。

ネットだろうが、自然だろうが、携帯だろうが、ゲームだろうが、使い方間違えなけりゃそれぞれに良さはあるんだろーけど。


俺自身こうしてネットに世話になってるけど、例えば買い物なんかは自分の足で行って、実際に触って、と目の前で商品見るほうがより魅力的に見えるわけですよ。

そこに手軽さはないけどね。

そういやこれ最近DJ HANABIくんの店「ROUGH NECK」で衝動買いしたロンT。
なんかBAKUTO臭がプンプンで思わずGET。笑

081126_0048~0001

とまぁこういう楽しみは自分の体使わなきゃ見つからないってことで。

BAKUTOの12月は出演ラッシュ。
是非イベントに来てBAKUTO PLAYERZを自分の体使って体感してみてください。


うまくまとまった!・・・・・かな?




2008'11'28(Fri)01:00 [ ⅢG ] . TB0 . TOP ▲
    
この記事のトラックバックURL
http://bakuto076.blog94.fc2.com/tb.php/113-3621a8f0
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。